1月16日(日)藪入り。地球はどこでも海で繋がってますか?

 少しくすんだ快晴。0.3℃~11.1℃、42%。7500歩。今日は住み込みの奉公人が年に2度取れたという休日でした。藪入りは宿入りが語源と言う説もありまふ。

 昨日の寄鍋に豆腐と牡蠣を追加して1日中食す。でもまだ結構余ってます。明日の朝も寄せ鍋だあああ!少しげんなり。

 

 津波警報発令す:

 一晩中津波警報をやってた(って寝る前と起きたばかりしか見てないけど)。南太平洋の海底火山爆発が気圧の変化を引き起こして、それが海面に津波を起こして、はるばる太平洋を渡って日本まで届いたっつうカオス現象でしたあああ!地球は繋がってるんすねィ。でも津波は届いたとしても、せいぜい1m前後の高さだったですぅ。こんなん続けてるとオオカミ小僧になっちゃうよ?とかしむぱいもしたですが、室戸の方で漁船が10隻沈没したっつうから、波高が低くても安心でけまへんがな。でもどんな機序なんでしょうね?不思議な事件いや現象ですたあああ!

 

 コロナ状況:

 都では新たに4172人のコヴィッド19新規感染者を確認す。休日にしては多い方かな?津波みたいにヒタヒタと不気味に迫ってきますねィ。でも湾岸の商業施設では皆さん穏やかな休日を楽しんでいますただ。人大杉!ちなみに交通事故と比較してみると都内の一日の死傷者は100人位だから、コロナ感染はその40倍位ということになりまふ。交通事故のヒヤリハット件数くらいかな?でも、気を付けていれば罹らないというレベルかな?マスク、手洗い、うがいの励行に尽きますね。最近すこしだれてきたから、ここで気を引き締めようっと。フムフム

 

1月15日(土)小正月。雉始雊。

 薄雲たなびく晴れ、夕方から雲出る。-0.2℃~10.5℃、29%。6600歩。

 

 今日は手洗いの日:手指が5本のことから、い(1)い(1)て(5)にちなんで。

 上元につき小豆粥を食す。疫病退散の謂れなり。大正月(1~7)、小正月(8~15)となり、今日でお正月も去ります。

 コロナは都で4561人感染。ヒヤヒヤ

 今日は久しぶりに寄せ鍋にしようかな♪明日はそれで雑炊を作ったり、うどん入れたりでしばらく持ちます♪ではでは。

 

1月14日(金)コンテクストとは。

 寒い快晴!0.7℃~8.6℃、20%。1600歩。北西の強風で体感温度極めて低し。

 コヴィッドくん情報:都の新規感染者数は4,051人、全国では2万2千人超。未だ勢い衰えず!

(ザ・ガーディアン記事:研究によれば、コロナウイルスは、空中浮遊後、20分以内に感染能力の90%を失う。またその大半は最初の5分以内に失う。これは至近距離での感染率の高さを再強調するもの。他者との物理的な距離の確保とマスクの着用が感染を防ぐ最も効果的な手段であることを裏付けている。)

 

 

 文脈とは:思考の流れなり。

 人は育った環境(門前の小僧習わぬ経を読む)とか友人とか読書とか仕事とか、ものすごく複雑な経験過程を経て、それらの影響で、それぞれの価値観、世界観を育みます。その世界観が土台となって、それぞれの生き方の文脈が構成されてるんですね。

 ですから、個々の文脈はちょっとやそっとでは交わりません。他の文脈を想像はできるんすが真の奥底まで分かり合うということは滅多にありません。でもね、文化環境が全く異なる異国に住むと、国内の文脈が簡単に相対化され、それらをメタに眺められるので、それまで異なった文脈で対立してたのが、比較的簡単に解消できるのです。

 幕末の開国攘夷とか尊王佐幕とかいうコップの中の争いを超越でけたのは他国の文化に接した人々だったんすね。そう渋沢栄一とか坂本龍馬とか漂流民のジョン万次郎とか、ちょっかい出して負けた薩長とか。でも一生自分たちの文脈から抜け出せない井の中の蛙が大部分の人生なんすね。特に時代劇を見てると新選組が英雄なのか、攘夷浪士が英雄なのか、その文脈の差異が際立ちます。ま、これはあらゆるストーリーに言えることにて、文脈依存無しに物語は語れません。オホホホ

1月13日(木)第6波のピークはいつ頃、どれくらいの高さになるのでせうか?

 白っぽい晴れ、夕方少し雲出る。2.3℃~11.5℃、29%。5700歩。乾燥注意報!

 

 オミクロン変異株情勢:都の新規感染者数3124人、全国では1万8千人超。

今のところコヴィッド19の治療薬としてモルヌピルビルというウィルス増殖阻害薬が特例承認されてますが、これは感染の初期に飲まないと効果が薄いといわれます。それでも重症化を3割くらいは低減できます。すかすオミクロンの感染性の高さで患者がどんどん増えてくるとPCR検査が滞って結果判定に5日以上かかるらすいんだ。PCR検査の拡大は当初から叫ばれてましたが、2年近くなるのに未だにこんな状態です。これはどこかで意固地に「PCR検査なんてぜってー増やさないもんね!」という薄黒い意志が働いているとしか思えませんね。厚労省なのか官邸なのか与党の中心部なのかは分かりませんが、「では、その心をなんと解く?」というところが全く理解できません。「コヴィッドなんて軽視してればその内に消えてくれるんだい」とでも考えているのかな?不思議だ???デルタ株でいえば、日本でオリンピック後に突然消失したのは未だに不思議ですが。ウィルスはまだまだ分からないことが山積だすぅ。ザンネン

 

 ふとした感想:小説家とは。

 小説家って、自分ではない誰か、それもたくさんの人の気持ちになれるんだから偉いっ!時には猫や犬などペットの気持ちにもなれるんだから、とても人間業とも思えませぬ。かなーり逝ってないと、とても務まりませんねぇ。でも、自分目線の一人称の小説なら楽かっつうとそーでもない。一体、文章力ってのはなんなのでしょうね?

 

 

1月12日(水)目標には先読みが必須なり。

 青空の快晴♪ 2.4℃~8.6℃、29%。6400歩。乾燥注意報!

 オミクロン株あれよあれよという間に拡大中。都の新規感染者数2198人、全国では1万3千人超!

 

 目標至上主義とは:

 目標が悪ければ、どんなに上手くそれを実行したとしても、何もならずに帰って悪い結果を導くことを言ふ。だから目標はぼーっと決めずに、練りに練る必要がある。いい例が真珠湾攻撃で、変な目標を完璧に実行したおかげで米国の世論が統一され、全米一丸となって向かってきたために日本は大敗してしもたんですぅ。あれがもう少し我慢して、いくら虐められてもじっと我慢してれば、米国の動向も変わったかもしれません。何事も切れてはなりません。ならぬ堪忍するが堪忍。

 目標を導くものは世界観であって、それは価値観により導かれます。そして価値観の大本は美意識となります。やはし良い目標を掲げるには、イロエロなアートや芸術作品はたまた小説や人の生き方を見て、美的センスを鍛えるに如かず。かな?

1月11日(火)鏡開き。個別と普遍論争。

 概ね雨、ときどき止む。7.2℃~4.3℃、93%。4500歩。今回は雪にならなかった。

 今日は鏡餅を開いて食べる日です。汁粉を作った。検診に行く。今回は動脈硬化測定を入れてみた。

 

 インタヴューとは:

 なんかオリンピック反対デモにカネ貰って参加したというNHKドキュメンタリーがやらせじゃないかと騒がれてますね。だいたい街頭インタビューで世相を切り取ろうってな試みが実情を反映するかどーかってのには、昔から疑義が挟まれてました。対象選択のランダム性を確保できるのか?というのと、その後の編集過程の中立性が担保されてるのか?という2大疑問が払しょくできないからです。

 仮にこれらが公平公正に確保されてたとしても、統計的に正しいのか?というのは別問題です。そもそも統計自体に改ざんが行われる昨今、何を根拠にして信頼するのか?っつう根本問題も存在します。ま、でも、正確な統計を基にして信頼を積み上げるのが普通でしょう。なぜなら個別の事例では、なんでも印象操作が出来てしまうからです。

 個別と普遍という古代からの哲学的議論はありますが、そもそも言葉を使う人間は普遍を志向しなければなりません。なぜなら言語自体が個別の現象を同一化してそれに記号を振った概念に基づくものだからです。個別に見ればすべて異なるりんごのイデア(本質?)を抽出して同一化するわけです。動物はこれが出来ませんから、すべて異なるものとして認識します。

 音に関しても動物は全て絶対音感で認識しますから、少しでも波長の違う音は違う音とします。人間は相対的な比で相対的にメロディーを認識できるから、絶対音感の動物より複雑化してるのかな?ともあれ人間は個別具体なインタヴューなどではなく、もう少し普遍的な統計で社会情勢を分析するものなんすね。

 最近の事例ですと、高齢者の自動車事故が個別詳細に取り上げられることが多いですが、単位人口当たりの事故率は85歳以上の高齢者より。10代20代の若者の方がずーっと大きいのですよ。でも、ニュースで個別に取り上げられてるのは、老人の事故の方がダントツに多いです。それで政治家はポピュリストが多いですから、老人に厳しい規制が掛かるわけです。

 ま、すべての事項に統計的な検証を掛けるわけにもいきませんが、あまりにも印象論に偏り過ぎた議論には、眉に唾を付けるくらいの用心は必要でしょう。かな?

 

 

1月10日(月)成人の日にまったり。

 曇りのち午後遅く薄晴れ。6.4℃~9.5℃、53%。10100歩。なかなか陽が出ず15時頃になってようやく薄日射す。

 ぞろ目オタクのわだすとしては、2022年の楽しみは2月22日ですね。2が6つも続きます。その前は2月2日で、更に2022年1月11日は2が3つ、1が3つで少し混じってますが味がある♪今日はさむぽで11111歩まで歩こうと思たですが、途中で力尽きる。タハハ

 

 街頭風景:

 久しぶりにマージャン、ぢゃなかったリージャンで食事する。少し行列ができていたので、繁盛しているのかな?鶏肉とカシューナッツの炒め物を注文。旨し♪街は晴れ着の女性多し。成人式かな?大川端ではジョギングやウォーキングする人が多し。渡り鳥も多く約10種を視認する。このところアオサギのギョエちゃんの姿が見えない。餌場をどこか違うところに移したのかな?少し寂しい。神社のお焚き上げが今日までなので、正月飾りや古いお札を出した。7日以上過ぎているので初詣での人は少なかった。明日からはもう普段モードかな?すかすオミクロンが気になるところ。なにしろ実効再生産数というのがかなーり高そうでやんす。ゾワゾワ