10月25日(日)旧重陽。エコの胡散臭さとは。

 天晴な快晴!11℃~21℃、30%。ようやく秋らしい陽射し。でも秋の空は変わりやすいとか?

 

 倫理とは:

 ディープエコロジーつうのがあって、こりは人類中心の普通の(普通ってなんや?)エコロジーと違って、その倫理を自然界全体に広げようというもの。特にどんな命にも差は無いという主張です。

 すかす細菌から植物までむやみに広げると動物は生きて行けないから、イロエロな流派ができました。一切の動物性タンパクを取らない極端なのから、乳製品はエエだろ→加えて卵もE-ですハンソン→プラスお魚までならいいかも→ま、四つ足以外のトリまでならいいか?→ええい人間以外なら何喰ってもいいんだい!までイロエロありまふ。中には人を食った奴までいるから、ここまでくると何でもアリ!

 もともと昆虫のように食性を住み分けてるのでなければ、特に雑食性の動物にはその本性に関わる禁忌は極めて反自然の仕草なんすね。そもそも肉食動物だって弱ってるのや幼獣、老獣を狙うんだから人間倫理とは異なっているんだす。草食ってても生きてはいけません。それに野菜ばっかし食ってても、栽培植物で地上を覆ってしまえば野生動物は生きて行けまへんのや。

 ディープエコロジーを徹底させるのなら、お釈迦さまくらい徹底しなければなりません。いわゆる「捨身飼虎」ですね。お釈迦さまがある国の王子だった前世での出来事です。ある日野山を歩いていると、弱った母虎と七匹の子供が飢えて死にそうになっていた。それを見て王子は自らのかだらを与えて、この八頭を助けたというトロッコ問題のような展開!ここまで本気でできるのかっ!この辺が頭で考えたエコロジーの限界です。

 あらゆる生物は、生きてるだけで他の生物の妨げになっているんだすぅ。その自覚が無いと、ついつい上から目線の倫理になってしまうんすね。自戒して持戒すなり。どもども。

 

10月24日(土)霜始降、初霜が降りる頃。あれや?これや?

 秋晴れ♪15℃~21℃、43%。10600歩。ユリカモメが北の方から戻ってきた。上弦の月が夕空に白っぽく浮かぶ。

 久しぶりにマージャンいやリージャンで食事をする。ネギチャーシュー麺美味し♪でもコロナで経営が厳しくなったせいか、アンニン豆腐とコーヒーのサービスが無くなってました。パリ広場の付近は家族連れでいっぱーい。

 

 必然か偶然か?それが問題だっ!

 「この世界の出来事は神様が決めているんだから、すべてが決まっているんだ」という神学的決定論から、「我に初期値を与えよ。さすればすべては計算でけるんだっ!」つう物理的決定論までイロエロありまふ。

 「それでは余りにも味気ない。生きている値打もない。」つうことで、全ては偶然に起きるんだっちゅう非決定論も勿論あります。spontaneous symmetry breaking(自発的対称性の破れ)なんつうスポンタくんの理論は、偶然性に支配されてるのかも知れません。

 関連して「自由意思はあるんか?」つう意思決定問題もありまふ。これも神学や物理主義では自由意思はないと言われ、日常心理や法学的にはあると言われます。ま、どっちでもええのだすが、脳科学的には抑制的自由意思しかないという人が多いです。いわゆる意識の後付け理論ですね。

 でも、神様や自由意思はあると思てたほうが生きやすいとは言われますね。こりは心理的な事実です。そう五郎丸さんのルーティーンみたいなものかな?有利な方を選べばええと思うんですが、物理主義者の潜在意識がそりを許さないもの悲しさよ、ああ無常!ショボーン

 

10月23日(金)霜降(そうこう)。そろそろインフルエンザの季節かな?ゾワゾワ

 概ね曇り時々雨。15℃~18℃、80%。朝晩は大分さぶくなりました。

 オンラインミーティングだん。

 

 移動とは:

 人間の自由を束縛するものとして、「移動の制限」はかなり根幹に関わるものであることは、刑罰の中心が監禁にあることでも分かります。そもそも人類は移動の本能によって、アフリカから世界中に拡散したんですね。

 しかるにコロナはロックダウンや海外渡航、入国の禁止、たはまた緊急事態宣言などによって移動を制限してきました。それにより移動を伴う業種は軒並み大打撃を受けたのみならず、個人としての活力もかなりそぎ落とされたと思います。

 タクシー、バス、鉄道、旅客機、クルーズ、遊覧船、屋形船などなど移動手段が、かなりインパクトを受けたのみならず、自動車、列車、飛行機など交通機器も減産になりました。国産初のジェット機も開発が凍結され裾野産業を含めて大きな縮小に見舞われました。

 防疫かあるいは経済か?という議論も盛んになりましたが、これは元々どちらかを選ぶものではなくして、防疫をしつつ貿易もしようよっつうバランスの問題なんすね。台湾や韓国、中国がいい例です。国が移動を制限しなくても、いや奨励しても、国民の心が感染の恐怖で震えていれば移動も抑えられ経済が動かないのは当然の帰結です。

 まず感染を封じ込めれば、経済も動くというのが真っ当な手順ではないでしょうか?メディアがコロナ軽視キャンペーンをしたとしても、その実例は米国のような結果を招くは火を見るより明らかです。

 でもキチンと手順を定めてしっかりと対策を取っている施設では、そんなにクラスターは起きていませんから、防疫の基本をきっちりと実行するしかありませんね。絶対安全もないし必ず感染もないのですから、バランスが取れた施策が今ほど大切な時期はないでしょう。

 諸君も速めにインフルエンザのワクチン打つよろし。コロナはまだまだ分からないことが多いけど、インフルエンザはけっこう分かっていますから出来ることからやってみよー!

10月22日(木)禍あれば福あり、福あれば禍あり。

 晴れのち曇り。14℃~22℃、57%。5800歩。

 

 ユー・アー・ファイヤード!

 こりはドナルゾ・トランプさんの決め台詞で、むかしリアリティTV番組の「ジ・アプレンティス(徒弟?)」に出ていた頃に出演者を次々に「お前はクビだっ!」と切り捨てて有名になりまひた。この時の成功体験がかなーり強烈だったらしく、その後任のシュワ氏があまり視聴率を稼げなかったときは、彼をツウィッテルで馬鹿にしてましたね。

 成功体験をそのまんま引きずって、まぐれで大統領に当選した後もそのキャラクターをリアルでもずーっと演じ続ける律義さよ♪少しでも異論を挟む高官どもを次々と首にして、信者たちをスカっとさせ続け、今では狂信的な信者とアンチに国を分断してしまいました。

 そしてその強烈な影響力は国をまたいで太平洋の反対側に、トランプさんの腰ぎんちゃくを誕生させました。このポチさんも異論をいう者は排除して、お友達ばっかし優遇すると言うトランプ・ヴァイラス感染症状が顕著でした。が、やがて菌がお腹に入ったか体調を崩して引退すると、あろうことかその大番頭にまでトランプ症候群が色濃く現れてしまい、異論を言った学者を6人も「ユー・アー・フィアヤード!」してしまいました。げに恐ろしきは新型トランプ・ヴァイラスですぅ。

 すかす米国ではまだメディアの免疫力でアンチ勢力が体力を維持していますが、ヤマトではメディアから官僚、経済団体にまで感染が広がってしまい、感染源の米国では感染が治まったとしても、遠い異国の地では増々猛威を振るいそうです。これまた新型コロナとクリソツな経過ですねぇ。もはや打つ手はないのんか?・・・異論を許さない国が必ずしも発展しないのかとゆうのは、ディジタルレーニズムで国民を押さえ込んでる中国が今のところ、うはうは路線を歩んでいるから何とも言えませんです、ハイ。

 つうわけで世界的規模の塞翁が馬の今後から目が離せませんですね。アハハハ

 

 

 

10月21日(水)長生きするのも楽じゃない。

 

 もくもく白い雲の多い晴れのちすじ雲の高い晴れ。12℃~22℃、48%。

 

 超高齢化社会に備えて:

 高齢化社会の到来と共に、高齢化関係の書籍やニュースが増えた来ましたよっと。特に日本では介護を要する健康寿命が問題になります。高齢者6千人を30年に渡り追跡したコホート研究があります。この結果は介護度により男性は3つ、女性は2つのパターンに分かれると言う。1.70になる前に死むか重度の障害者になる、2.75歳ころから徐々に自立度が落ちていく、3.80歳、90歳を過ぎても自立度を維持できている、になりまふ。

 男性は1.が2割、2.が7割、3が1割となりまふ。女性は1.が1割、2.が9割になりまふ。3、があまりいないのは筋骨が弱く移動に問題が起きるからだと言ふ。

 男性は脳卒中や心臓病など生活習慣に由来して早期の段階で死んだり要介護になったりする人が多いが、女性は筋骨の衰え(ロコモティブ症候群)により自立度が徐々に落ちていく傾向があると言えよう。

 女性は総じて筋骨が弱いので、運動を通じて虚弱化(フレイル)の予防を意識することが大切です。90歳まで元気はつらつとはいかないまでも、多少の不自由さと共に日常生活を維持できる、2、レベルを目指すべきであーる。いじょ、纏めると・・・

 ・若年期から生活習慣の改善に努めること(特に男性)。

 ・ロコモティブ障害を避けるべく、中年期以降は運動に取り組むこと(特に女性)。

 ・老いの過程を受け入れながら、自分らしい暮らしの継続と、老化をできるだけ遅らせる取り組みを心がけること。だってYOー!ま、動物は動かなくてはいかーんってことなのかな?

 

10月20日(火)久しぶりの秋晴れ♪

 薄曇りのち快晴!11℃~21℃、49%。富士山がくっきり♪

 

 ピクニック:

 好天を追い風いオープンエア飲み会を催行する。約7人が豊洲駅に集合し、ららぽーと3で飲食物を調達せり。ぐるりん公園の芝生にシートを引きて、購入したるお弁当と酒肴をひろげたり。北風はやや冷たかりしが、やがて陽の光に照らされて衣を一重づつ脱ぎにけり。久しぶりの会合にて始めはすこし堅かった話も、やがて声を大にしたる歓談に至れり。遠く西の方には旅客機が頻繁に発着し、旅愁を醸し出すなり。ああ、そんな時もありき。少し暖かき日なりき。なんか久しぶりにアルコールを飲んだら、目が回ったぜよ。

10月19日(月)いつの間にか日本のコロナ対策を支持する人が増えてますね。ガースーさんの人徳か?

 曇りのち雨。11℃~17℃、63%。アオサギが秋雨に濡れ、じっと佇む。さぶし!5600歩。あした晴れるや?

 

 投票率と当選率:アメリカとニッポン

 全有権者は必ず投票する事!という法律でも作らないと国勢調査のように全員を参加させることは無理です。それでも民衆の間に分断があって、勝つか負けるかの状況になれば自ずと投票率は上がります。

 米国の大統領選挙では民主党ガチと共和党ガチはそれぞれ40数%で拮抗しており、無関心層が10%台いるという状況です。だからそれぞれの陣営の投票率が選挙の当落に大きく影響するわけです。民主党はプアな人が多いから遠くの投票所に車では行けず、リモート投票になると投票率が上がり有利になります。共和党は逆にリモート投票はやりたくありません。投票所も数を少なくしてプアな人が行きにくくしたりします。まさに投票率の争いなんすね。

 日本では自民・公明は組織票が多いから投票率はできるだけ下げた方が有利です。自民のコアな層は17%前後と言われてますから、これを最大限に活用するには野党を分裂させ投票率をできるだけ下げるという選挙戦術をとります。その為に大手メディアに圧力を掛けて、選挙前は選挙関連の報道を控えさせます。これが奏功して時には50%に満たない投票率で自民・公明が大勝したりします。選挙報道も事前予測で与党大勝とか打つと、ホントに大勝してしまうのはマジョリティになびく国民性でしょうか。洞が峠の風見鶏ってのが戦国時代の習いだったですね。

 一回投票を法律で完全義務化して、しかも比例代表のみにするといわゆる死に票ってのが無くなって、国民の多数で選ばれたという建前がモノホンに近づくかもしれませんね?でも、多数が正しいとは限りませんから、これが民主主義の難しいところ。実際に真に民主的な政府ってのは世界でも数えるほどしかナインすよ。でわどーするか、甘利の腐敗にブチ切れて、いっぺんAIに委ねて見るかっつう時代が来るかもね?でもそれこそ正しく間違える方向に行ったりするから、少しづつ小さな失敗を積み重ねながら、民主主義をブラッシュアップするしかナインかな?ああ、日暮れて道遠し!こりが人生、こりが政治体制なり。たはははは