6月23日(日)乃東枯、夏枯草が枯れ始める頃。

 概ね曇り、ときどきぽつぽつ。20℃~24℃、79%。じとりとして背中がかゆい。

 

 

 認知症とは:備忘。

 認知機能が衰えてくることです。認知症の中でもアルツハイマー型は6~7割を占めると言います。これは主に海馬が委縮して短期記憶に障害が出ます。だから昔のことはよく覚えていても、今のことや最近のことが飛んでしまうといいます。また、その間をつなぐ2~3年の記憶も不安定になります。だんだん進行していくと、後頭頂皮質という注意を喚起するところも衰えて、無関心に見えることもあります。

 でも社会的感受性は正常で、馬鹿にされたり無視されると傷つきます。これが、抑うつ、徘徊、不安、妄想、依存、攻撃、幻覚、不眠などの周辺症状を引き起こします。周囲が人格を認めて適切に対処すれば、これらの周辺症状は緩和され消失していきます。

 中心症状は記憶障害や注意力、判断力の欠如だけですから、これらを適切に補助すると日常の作業もできるようになります。人格の大本である感受性や体に染み込んだ習慣、演奏、描画、運動機能などは保持され、向上もします。人格を形作る脳内ネットワークのほんの一部(海馬)が機能不全になっただけなので、その人らしさは、ずーっと残っているのです。

 すなわち、自尊心を認め、感情に寄り添いながらサポートすることで、できることは無限にあります。80歳を過ぎると2人に1人が認知症に罹ると言われております。老々介護の場合は1人は認知症でもう一人はそれを介護する人?これは絶望的な状況でしょうか。いえいえ、そーではありません。お互いの自尊心を大切にして、最後まで人間と人間の感情を通い合わせれば、人生を最後まで豊かに過ごせると思います。

6月22日(土)夏至でげす。言語も道具なのん?

 概ね曇り、ときどきパラパラ。22℃~25℃、76%。

 今日は南中点が最も高く、昼の時間が一番長い日なんすね。でも日の出が最も早いのは数日前、日の入りが最も遅いのは数日後とすこ~しズレてまふ。猛暑は8月が多いから、いずれにしろ夏の感覚からは程遠いと言えるでしょう。でも、むっしむし。カビやダニには注意のことよ。ども。

 

 

 道具とは:

 人が外界と関わるときに、自己の能力を拡張するものと言へるのかな?棍棒だと手の延長、車は足の能力アップとか。身体機能を拡張するものはこれ以外でも、例えば視力を拡張する顕微鏡や望遠鏡、聴力を拡張する補聴器などもありまふ。精神機能の拡大については、計算を高速で行うコンピュータなんかがありまふよ。

 つうような視点から、「言語」は人間の認識能力を強化するものと言えるです。ボーっと生きてたら、世界というのはまったりとした連続体なんすね。山も丘も平野もありません。単なるデコボコのある地形に過ぎません。この連続した地形を、山、岡、平地に分節して際立たせ、それぞれに記号を付けたのが言語なんすね。この分節が細かくなるほど、人間は世界をより詳細に掴み得ると。つうような意味では、顕微鏡とおんなじようなものかな?

 でもその過程で掴みそこなうものも沢山ありますから、顕微鏡と同じで全体像とか、範囲外の世界とかが分からなくなったりしまふ。ゾヨゾヨ  それに、道具を使うと生身の筋肉が弱って行くように、言葉によって新鮮な感受性が損なわれることもあります。景色を写真に撮ったり、文字で記述したりして感動を外部化すると、却って生の感動が残らなかったりするそーです。

 でも宇宙船なんつう道具を使うと、生身ではとてもできなかった宇宙旅行も夢ではありません。言葉も上手く使えば無限の彼方に飛んでいけるかもね。ホイホイ

 

 結局、道具に使われるのか、はたまた道具を使うのか?っつうのは、人間次第ということなんすね。時折PCとかスマフォとかの道具に使われて、ヘトヘトになってる人を見かけますから、諸君も十分注意のことよ。ジャン

 

 

 

 

6月21日(金)夏至が近いでゲス。複雑さに耐えれる強靭さも必要です。

 もわっとした薄曇りのち薄晴れ。22℃~29.5℃、59%。プールだん。すんずく方面に進出す。

 

 世の中そんなに単純ぢゃありません:

 むかしIBMは”Simple is the best”なんつうのをモットーにしてたですよ。ま、こりはディジタルな論理の世界では、明らかに有効な手段でした。複雑なシステムは見通しを良くしないとメンテもできませんから。でも実際のアナログ世界はもっともっと複雑なものなんすね。特に人間なんかは複雑過ぎて、とても一言では片づけられへんのや。でも人間はシンプルに世の中を渡ろうとして、他人にラベルを張り付けて決めつけます。

 こりは、あんまし考えなくてもエエからですね。一人の人間の中には宇宙と同じくらいの複雑性が内包されてます。だって、外部世界は一旦すべて内部化されますから。そして内部世界は内部世界として閉鎖系にて自律します。時々刻々変化し動き回るこころというものは、時に矛盾を孕みますが、それもすべて含んで一つの人格と言えるです。特にネット上のテキスト人格は、その人の1万分の1も表していませんから、諸君もよくよく注意のことよ。君子も凡人も豹変す!ってのが真実に近いところなんすね。どもども。

 

 

 最近アスパラの春巻きに凝ってます:

 ご近所の誰かさんがこれを作ったら、「極めて美味し、食べ始めたら止まらない!」つう言明を確かめようと、つい手を出したのが運のつきで、最近は毎日作ってます。ビールのつまみにも最適でやんす。アスパラを春巻きの皮で巻いて、オリーブオイル大匙2できつね色になるまで炒めるだけ。全部で5分もあればできちゃいます。しかも、とても美味くていったん食べたら止まりません。アスパラギン酸は言うに及ばず、葉酸や各種ビタミンなど栄養も豊富で、健康にとてもイイようです。いじょ、再現実験の報告でした。

6月20日(木)世界難民の日

 靄かかった薄曇り、時々薄晴れ。21℃~29℃、58%。白っぽい一日。今日は本屋さんで立ち読み。これは脳とかだらの運動になりまふ。約2時間。

 

 

 歴史と現状:

 2000年に国連が定めたのが「難民の日」なんすね。現代は大規模な戦争による被害よりも、地域紛争による難民の方が多いんです。現在の国連統計では全世界で7000万人もの人々が故郷を離れて難民生活を強いられているそうです(2000年当時は2000万人位だったですから、3倍以上に膨らんでます)。

 難民居留地の大部分はインフラが整っていません。水・食糧・エネルギー・安全など生活に必要なすべてが不足してるんすね。勿論、教育や娯楽など望むべくもありません。(我が国の、原発地震難民も同じような境遇ですが、日が経つにつれ国民の関心も薄れがちです)。

 7000万人と言ったら200近い世界各国の、人口規模では20位くらいに位置するですね(トップ10%)。日本の人口の半分以上ですね。これだけの人々が故郷を追われて放浪していると。中世ヨーロッパの原型・源流を形作ったとゆわれるゲルマン民族大移動(見方によっては大侵略?)でも、各部族の規模は10万人前後ですから、全部合わせても100万人にもなりません。その70倍もの規模の悲劇が世界的に発生しているとの認識は、世界史的な見方を変えてくれるでしょう。

 なぜこのような事態が現代世界で発生してしまったのか?人知を超えた謎は多けれど、それぞれの正義が調停できないほど大きくなってしまい、現代技術(特に通信などのディジタル技術)がそれを加速させておりまふ。イイものはワルく、ワルいものはイイ!という矛盾包含の現代的な一例であります。どもども。

 

 

 

6月19日(水)ちょっと残念な世相とは。

 白っぽい靄晴れ。19℃~29℃、55%。夜道を歩いていると、クチナシのとてもいい匂いに直撃されます。

 

 

 数字信仰:これは官僚の騙しのテクニック。

 秋田のミサイル迎撃基地候補の騒動ってのがニュースになってました。山の高さを4倍に見積もって、これはすぐにバレましたが普通は仰角とかの数字になるとなかなか分からないものです。半導体の耐用年数は担当者の停年退官までの期間で決められる、なんつう官庁伝説もありまひた。

 健康寿命とか平均寿命ってもの統計数字されるとつい信じちゃいます。なんでも数字にして、これこれの経済効果は○○○億円とか言いますが、これらは全て机上の空論です。根拠が殆ど無い、いわゆる一つの言った者勝ちですね。

 また逆に、これこれをやるとxxx億円削減でける、なんつうのもけっこう眉唾が多いです。例えば、健康診断で早期発見すれば医療費が大幅に削減できるとか、生活習慣病を改善すれば介護費用が大幅に減少する、ってなのはほとんど嘘です。長く生きてりゃ、それだけ費用は嵩むってのが経済原則です。でも費用を減らすのが究極の目的ではなく、健康な生活をできるだけ長く続けるってのが目標なら、それはそれで意味のあることなんす。

 資本主義市場社会に生きてると、人がお金に使われてるのか、人がお金を使ってるのか、ときどき分からなくなりますね。医療費や介護費は大幅に削減できたけど、人々はあんまし幸福じゃなかったとか。会社を生き延びさせるために、あらゆる費用を削って人員も削減していったら、最後は残務整理する役員が1人だけ残った存続会社になったりとか。世の中、時折手段であったものがいつの間にか目的に変じていることが多いから、諸君も注意のことよ。どもども。

 

 

6月18日(火)マージャンとは。

 朝夕は雲多けれど、概ね晴れ。20℃~28℃、51%。

 

 

 新宿方面に進出す:

 定例のマージャン会だすぅ。今日は運気に乗りて一人勝ち!負け癖がついてる奴が、今回はなんでも有りルールでやろうよ?なんて提案したので、裏ドラ、北ドラ、ヤキトリ、芸者など、手役がなくても翻(点数が倍になる)がつく、インフレルールにて闘うことになった。このルールは技量よりも運がものを言います。それで如何に運の流れを読むかが勝敗を分けるんすね。科学的にはどーか分かりませんが、確かに試合の流れのよう(に感じる?)ものはありまふ。流れが悪いときはひたすら耐え、運気が上昇すれば勝負に出ると。あはははは、勝てば官軍で何でも言えるんすよ。どもども。

 なんかシニアが多い日だなあ?と思てたら、どーやらマージャン教室の日だったらすいです。特に女性のシニアの方が多かったです。途中で「もぐもぐタイム」などを取って、とても和やかにゲームを楽しんでました。勝って驕らず負けて腐らず!これは世渡りの神髄でもありまふ。ゾヨゾヨ

 

6月17日(月)嘘か真か、まことかうそか?満月なり。

 薄い筋雲の晴れ、夕方少し雲出る。17℃~29℃、32%。今日もちょっと暑いでした。

 湾岸方面をずてぃんしゃでぶっ飛ばす。房総半島が丸見え。旅客機の数珠つなぎも見えたです。乾いた日は遠方が見える。

 

 

 人が信じられず己も信じられずば、百生あやふし:

 やはしポストトゥルースの時代に在っては、すべての出来事に対して疑いの目を向けざるを得ないというのがとてもつらいですね。嘘をつくのは簡単だが、それを検証するには百倍手間が掛かるっつう非対称性が問題なんすよ。

 世の中に溢れている印象論も、その統計的有意性をすべて調べていたら切りがありません。だからどーしてもそれを言った人の信用性に基づいて、それを信用するかしないかを判断せざるを得ないのです。1度でも嘘をついたらダメなのか?それとも八百回は許すのか?その間の灰色領域をスコアリングして、個人の信用度をポイント化するのがAIなんすね。悪行を積めば地獄へ行き、善行を積み重ねれば極楽浄土に行ける♪なんてのも閻魔さまがスコアリングしてるのかもね?タハハハ

 安倍さんやトランプさんの信用度スコアリングってのも是非見てみたいものだすぅ。ジャン