1月21日(火)款冬華、フキノトウが出始める頃。言葉遊び。

 快晴!4℃~12℃、32%。北西風やや強し。朝晩富士山がとてもきれいな季節です♪

 

 駄じゃれシリーズ:

 顔が白くて目の周りだけ黒いパンダみたいなブルドッグが歩いてきて、突然反転した。「あー、尾も白かった♪」

 江戸時代は判じ物とか判じ絵つうのが流行りましたのだ。店の看板とか地名とかを絵で表すんですね。弓矢がぶら下がってると「弓射る=湯入る」で風呂屋だとか、将棋の歩がぶら下がってると、(敵陣に)入れば金になる質屋だとか、ごまんとあります。十三里と書いたのが下がってると「栗(九里)より美味い」から焼薯屋で、「十三」と書いて九+四=十三だから櫛屋だとか数字の判じ物も多いですぅ。

 地名を判じるのもたくさんあります。唐傘に「あ」と「さ」が書いてあって「赤坂」とか、ツルの頭とキジの絵で、築地とかもうほーんとにくだらないですぅ。言葉遊びの伝統はすでに万葉集からあって、「十六じもの這い付しつつ」という記述がある。四X四(しし:猪)=十六をもじったものです。以来延々と言葉遊びの伝統は続くよどこまでも。おやじギャグも結構伝統があるんすねぇ。西洋やインド、中国にも言葉遊びはあるんだろうか?調べてみるとおもすろいかもね♪どもども。

 

 

1月20日(月)大寒(おーさむ)、でも春の兆し。本物って難しいです。

 快晴!2℃~14℃、36%。風もなく穏やか。

 

 本物とは:美に関して。

 絵画や音楽においては、本物に接するほど目や耳が肥えて、本当の美しさが分かってくるという。特に骨董においてはどれだけ本物に接したかで、その鑑識眼が鍛えられるという。しかし本来「美」というのは価値観の基準であって、極めて主観的なものなんであーる。

 視覚や聴覚以外でも、味覚では「美食家」などは味の美しさを味わえるし、嗅覚でも「香道」などがありまふ。残る触覚はどーだろうか?触ると美しいアートなんてあるのかな?触ると快かったり楽しかったりする物体はあるような気がする。

 モノホンでなくてもそれを味わう人の感性が鋭ければ、十分にその美しさを味わうことは可能である。ソノシートで聞いたブラームスとか、徳島のフェイク美術館とかでも想像力さえ豊かなら、十分に鑑賞でき感動できます。楽器とかワインとかは値段を鑑賞するようなところもありますからね。

 とはいえ本物の感動ってのはやっぱりあって、それはそれで高みに上がるにはものを味わう目や耳や舌を鍛える必要があると思います。例えばサンマしか知らない人がアジを食べたら味がいいと感じるでしょう。そのうちにマグロを食べたらとても美味しかったと。でもそれはビンチョウマグロで、もっと美味しい種類はたくさんあるし、クロマグロの大トロなんかはほっぺが落ちます。これも本物を実際に試してみないと、中々分かりませんです。ハイ もっとも江戸時代は大トロなんかは脂っぽいと捨てられてたとか。

 一般に皆が美しいと思うものが「美しい」とされるから、美には普遍性があると思てる向きもおありかと存じますが、そりはオーラや同調や権威に依存しがちです。だって価値観ですから、その根源は主観的なんです。食の例でいえば、どんなに食通が不味いと貶すようなものでも、空腹で食べれば極めて美味しく感じます。泥水でも渇して死にそうな時には甘露に変ずると。

 つうことで「美」は主観的であり、モノホンは相対的でありうると。ドーデスジャロ?

 

 

1月19日(日)大寒イブ。人間とはシリーズ。

 冬晴れ、夕方雲出る。2℃~11℃、38%。

 

 人間は役割で決まるのか?

 この設問はいささか難しいが、人間が思い込みの動物であるとすれば、ある人に与えられた役割がその人を形作ると言へます。馬子にも衣装とか、バカ殿とか。スタンフォード大学の監獄を模擬した有名な心理実験があって、ランダムに選んだ学生を半分に分け、一方を看守役にもう一方を囚人役にし、地下に模擬した刑務所で暮らさせたら、だんだん双方の人格が役割の方に偏って、2wの予定だった実験は6日で中止され、被験者にはかなり後遺症が残ったという。(注:しかしこの実験には一部やらせも認められてその正当性が疑義にさらされている。)

 しかし世にはびこる印象操作や洗脳は、対立する陣営がお互いに相手を罵る文言と化してはいるが、確かにありそうである。クズな官僚が上司に取り入って引き上げられると、地位相応に偉そうに振る舞うのも近頃散見される風潮である。名優は役柄に入りこんで、その人格になりきれる。平凡な三代目も、セクハラおやじも役割を得ればそのように振る舞える。もともとできる人なのではなく、3バン(地盤、看板、鞄)の時流に乗って選良になれば、それなりに見えるもんである。

 つうことから結論するに、思い込めばある程度そのように振る舞え、そのようになれるということは有りそうである。それなら凡人も、思い込んだ方が楽しく暮らせるかも知れないな。「故なき自信」についての考察でした。ども。

 

 

1月18日(土)インフルエンザはアッという間に回復す。社会雑感。

 寒雨しとしと、ときおり雪、夜に入って止む。7℃~2℃、62%~95%。だんだんさぶくなりまhた。ぞわぞわ。

 とは言え、昨日の投薬が効いたのか今日は平熱(36.4度)まで下がりました。昨夜は一晩中咳が出ていて横隔膜が筋肉痛になりました。起きているとそんなに出ないんですが、横になると咳が出ます。いや~イナビルって吸入薬は極めて良く効くですねぇ。でも飛び降りないように注意をしなくては。あと二日くらいは静かにしていよっと♪・・・でもセンター試験の受験生たちは大変ですね。一発勝負だからインフルにも罹れないし、もし罹ったらアウトだし。日本には一発勝負が多すぎです。もっと継続的にその実力を査定するシステムはないのかな?就職におけるインターンみたいなのにするとか、入学はゆるく卒業は厳しくするとか、一発で資格にするのは良くないと思います。

 

 不安や恐怖に起動される社会とは:

 これは劣等感駆動で大きなもの(権威、権力)にすがる社会になりがちです。没落した中産階級が多くなると、潜在化した劣等感が不安をあおって大きなもの(全体主義)に向かうと。自らの不安と正面から向き合わないで、全体の一部になって強くなったような気になり本心を誤魔化すから権威におもねり弱きを挫くだめ人間が増えてきます。

 その特徴は、自分で考えられないから権威権力に盲従することです。政権のいうことは絶対とか法律にはその文面に盲従とか金持ちは偉いだとか。そして大きく社会のためだとか人のためになろうとかではなく、小さな閉鎖社会でのポジション取りのみに狂奔します。こういう人が増えていくと必然的に社会は没落していきますね。

 日本はどーなんだろ?なんか社会全体が経済が政治が科学技術が芸術がどんどん縮こまっているようにも思えます。少なくとも、無謀に挑戦する若い勇者は叩かないようにしたいものですね。

 

 

 

1月17日(金)半月(下弦)、インフルエンザに罹ってしもたです。

 曇りときどき晴れ。4℃~11℃、45%。

 体温が38度くらい上がって咳も止まらないので、かかり付けの医者に行ったらインフルエンザだった。ホゲ 鼻の粘膜を採取して試薬で調べると10分くらいで分かるんですぅ。なんだか筋肉も痛くなってきてもうたまらんです。ウイルスが細胞間に拡散しない薬と、解熱・鎮痛剤、咳止めを処方され、おとなしく寝ています。振り返ってみれば、マージャンで大勝した後、手も洗わずに枝豆を食べたのが原因だな。それに年末にワクチン注射をしようと思てたのに、先延ばしし過ぎたこと。ああ、人生斯くの如し。後悔先に立たずと。ショボーン とにかく新年会はパスして、数日は安静にしていよう。

 

 ニュース:

 とうとうチバニアン地質年代の正式名称に採用されたとか。養老渓谷の方だと言うから、今度見に行ってこようと思いました。地磁気逆転の痕跡もあるんだって。興味が湧きますねィ♪そもそも地球で生命が安定して続いたのは、地磁気によって太陽プラズマや宇宙線が曲げられたからだという説がある。反転の時期に一時的に地磁気が無くなれば、小さな絶滅もあったかもね?そーいえば丹沢の方に日本を取り巻く3つのプレート境界が地上に露出しているところがあるから、見に行こうと思ってたが、ここもまだ行ってないです。何事も先延ばしにする性格が、ここでも垣間見えます。ホゲッ

1月16日(木)雉始雊(きじはじめてなく)、藪入り。時間とは。

 雲の多い晴れ、のち薄曇り。4℃~11℃、35%。

 スマフォで四苦八苦しながら入力しているうちに、すっかり長い文章が書けなくなってしもたですぅ。書こうという意欲が薄れるというのかなぁ。しばらくリハビリを要するなこれは。風邪気味で微熱と咳が続いているのも影響してるのかも。ザンネン

 

 

 時間は逆行できないのん?一度知ったらば、知らないことにはできない情報速度。

 もちろん光速より早く動ければ、その可能性はあります。でも宇宙の膨張速度は光速よりか早いのでわ?そうそう、どないしてくれはりまんねん!遠方の宇宙では時間逆行ができちゃうじゃん。とか思うのはあかさかさかす。宇宙の膨張速度は情報伝達の速度ではなくして、単に空間が膨張しているだけだから因果律の逆転はないんですぅ。

 でもね、脳内現象では未来に行ったり過去に戻ったりは自由自在ですぅ♪小説なんかも、この脳内現象で極めておもすろくなりますねぇ。つうことは、脳内現象のほうが物理世界よりも広いってことなのかな?そーとも言えるし、そーでないとも言えまふ。だって脳内情報処理自体が物理現象なんですから。

 古典物理+一般相対性理論量子力学が現代の物理解釈を領導しちょりもすが、宇宙論ではダークマターダークエネルギーの解明、素粒子の世界では力の大統一理論が課題でしょうか?でも仮にそれが分かっても、その先にはまたまた難題が現れる無限発散がこの世界の実相なんすね。猪口才に分かった気になる戯けものには「無知の知」が薬になるであろうよ。喝ーっ!・・・いやー入力が早くなると、舌も滑らかになりますねィ。ホクホク

 

 

1月15日(水)小正月、新春雑感。

 雨のち曇りのち晴れ。6℃~9℃、62%。思たほど気温上がらず、終日一桁台。ブルブル

 昨日の麻雀後、あんまし手を洗わないで枝豆食ったら、今日起きたらのどが痛くて微熱有り!マージャン牌ってビールスの巣窟ですからねィ。大勝に奢ってつい油断してしもたですぅ。手洗いと嗽は予防の鉄則!ザンネン

 

 真っ黒けのけでうんともすんとも言わなくなってしもたので、F2連打でBIOSを立ち上げ、無事イニシャライズを完了す。良きかな♪1年ぶりですから手順をすっかり忘れていて、試行錯誤を繰り返す。一応今は順調に動いてます。

 

 そうこうしている内に、今日は3回目の新年会です。品川方面にて30人ばかりが集まって気炎を上げるなり。生ビールとワインとバーボンをがぶ飲みす。海外関係の人だからみんなオープンで、とても楽しかったです。人はみんなどこかいいところがあるんだなぁ♪いや勿論悪いところもたくさんあるけど、全部ひっくるめて一人の人間なんですぅ。そして、善悪ってのも一つの価値観であり、見方によっては反転するしね。ダハッ

 

 

 添付:ナチス元帥ゲーリングの言葉:ときどき思い起こさねば、大変なことになりまふYO!

 戦犯として刑務所に収容されていた時、ゲーリングは、米国の心理学者グスタフ・ギルバートに次のように語ったと言ふ。

 以下引用、『ゲーリングは、肩をすくめて答えた。「もちろん、一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。ロシア人だろうと、イギリス人だろうと、アメリカ人だろうと、その点についてはドイツ人だろうと同じだ。それはわかっている。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義独裁制だろうと、常に簡単なことだ。」

 「しかし一つだけ違いがある。」と私(米国の心理学者、ギルバート)は指摘した。「民主主義の下では、国民は選挙で選んだ代表を通して意見を言うことができるし、アメリカでは議会だけが宣戦布告できる。」

 「(ゲーリング)それはそれで結構だが、意見を言おうと言うまいと、国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」(翻訳:鈴木)』

 知識こそ力!何も知らなければ、人々はこのような指導者たちに、ただ操られるままなのれすぅ。ザンネン