2月6日(月)旧藪入り。姓名考。

 白っぽい晴れ、夕方から曇り。3.2℃~13.6℃、32%。1600歩。風もなく暖か。週末からかっふんが本格的に飛びそうで怖い。

 

 同性婚とか夫婦別姓とか:

 元々小集団で暮らしていたころは名前だけで良かった。権兵衛とか与作とか。社会が大きくなってくると集団に土地の名前などが付いて姓となる。そして家制度が固定してくると嫁取りとなって、嫁ぎ先の姓を嫁が継承すると。

 一方個人主義の国は少し様相が変わっていて、かって七つの海を制したスペイン語圏では夫婦別姓である。子供は父系、母系の名前を継承して3つの名前を持つ。中にはその前まで継承してすごく長ーい名前もありまふ。

 中国4千年の歴史でも、夫婦別姓ですね。こりは姓が氏族名で数が少ないから。劉さんとか孔さんとか胡さんとか。一々変更しても意味がないからかな?子供は父姓になりまふ。世界各国の夫婦の姓を調べるとおもすろいかもしれませんね。中にはギリシャのように婚姻時の改姓を禁じる!なんて国もありまふ。

 日本のような、社会は個人主義に傾きつつあるのに、家制度が形骸化しながら残っている社会の複雑さが混乱を生んでいるのかな?過渡期的混乱なら、別姓、同姓どっちかにしろ!とか強制するより選択制でどっちでもええよ♪といふ柔軟性が必要のような希ガスる。

 そもそも家と言っても、遺伝的な継承性は母系の方が確実なんすね。ミトコンドリア・イヴなんて10万年までたどれマスカラ。

 もそもそメキシコのように8割がシングルマザーなんてのもあるんだから、婚姻時の姓選択なんて議論するより、婚外子の手厚い保護をする方が「異次元の少子化対策」であると思いませんか?なぬ、思わんですと。ま、人それぞれですからね~♪どもども。

 

 

2月5日(日)東風解凍。大本から考え直すこと、それが哲学?

 少し白っぽい晴れ。1.4℃~12.0℃、27%。昼間は暖か♪

 

 哲学噺し:現象学的還元。

 人間は言葉を覚えた時点で既に無垢ではありえません。言葉、概念、意味でからめ取られてしまったからです。ちなみに自分のまわりを見てみると、そのすべてが何らかの意味を担っています。用途とか効用、目的と言ってもいいかも。本、PC、スマフォ、机、床、ドア、・・・すべてに名前がついて意味を担っています。表に出れば、イロエロな草花、虫たち、動物、建物、道路、河川、・・・すべてに名前がついていて無意味な存在はありません。月世界のように荒涼とした名前のない世界は、人間世界にはもうないんですね。すなわち完全に先入見を捨てて現れる現象をあるがままに見るという現象学の要請、即ち完全なる還元は不可能ということになります。

 

 豆知識:

現象学フッサール生の哲学ベルクソンは二人とも1859年(日本だと幕末?)生まれです。

・実存哲学のハイデガー分析哲学ウィトゲンシュタインは二人とも1889年(日本だと明治22年?)の生まれです。ついでにヒットラーチャップリンも1889年生まれです。

夏目漱石は1867年の生まれなので、丁度大政奉還の年ですね。フッサールハイデガーの間の年代です。フッサールハイデガーは30歳も年が離れていましたが、当初とても仲が良かったです。しかし次第に考えの違いが顕在化して疎遠になりまひた。

 

2月4日(土)立春。フラクタルは遍在する。

 白っぽい晴れ時々曇り。2.2℃~11.2℃、42%。2400歩。寒気も少し改善。春立ちぬ♪いざ行かむ。

 

 冬の公園:

 花壇の花は少なくてひっそりとしてますが、葉の落ちた木々が芸術的な佇まいを見せておりまふ。よく知っている人は後ろ姿を見ただけで視認できるように、木々も葉が落ちた枝ぶりだけで種類が分かります。

 幹から四方に伸びた大枝の先の中枝、小枝と枝の出方は種類特有です。そしてどんどん枝の先へ行っても枝の形が相似形のフラクタル構造をしています。夕暮れの群青色の空を背景に枝枝の黒いシルエットがとても芸術的ですね。いつまで見ていても飽きません。

 春は若葉と樹花、夏はもりもりと逞しく茂る青葉、秋は紅葉、冬は枝のシルエット♪と森は四季それぞれの趣で楽しませてくれます。で、興味の無い人にはまるで何も無いと同じ。げに無関心とは寂しきものなり。かな?

 

 

 

2月3日(金)節分。コロナワクチン異聞。

 終日寒曇り。3.2℃~6.2℃、40%。2600歩。かっふんの足音が聞こえるが東京地方は中旬になりそーです。

 節分とは季節の分け目で、立春立夏立秋立冬の前日をいうが昔は1年の始まりと言われた立春イヴがメインとなりまひた。一応、節分行事(豆まき、玄関にイワシとヒイラギ、恵方巻を食す)は無事終了♪

 

 隠蔽?

 新型コロナワクチンは一応5回目を打ち終えたんですが、なんかスッキリしませんね?5回目でようやく武漢型からオミクロンに切り替わりますただ。インフルエンザワクチンはその変異を予想して毎年新しいワクチンが出来ます。それでも当たるも八卦です。変異の激しいコヴィッド君に対して4回目まではずーっと武漢型というのも不思議です。

 ワクチン研究者によると型の合わないワクチンには二つの害があると言ふ。一つは抗原原罪といふもので、古い抗原(ウィルス)に対するワクチンが新しいウィルスに対する抗体作成を阻害するというもの。インフルエンザではよくある現象で、コヴィッドでもないとはいえまへん。

 二つ目は抗体依存性感染増強(ADE)というもので、ワクチンで古い型の抗体が既に出来ている人に、違うタイプの抗原(ウィルス)が入ってくると抗体が抗原を攻撃してふっつくが不活化には至らないと。抗体がふっついた抗原(ウィルス)は細胞の中に侵入しやすく、増殖して却って症状を悪化させます。これはデング熱などで知られた現象ですが、コヴィッドでもないとは言えません。

 尾身さんも5回目のワクチン接種の1か月後に新型コロナ感染してるしね?なにより厚労省の発表が極めてあやすいだすぅ。統計は在るはずなのに発表しません。新型コロナの感染者、重症者、死亡者をワクチン未接種、1回目、2回目、3回目、4回目、5回目に分類したデータを公表すれば、このような疑惑は直ちに解消されるでしょう。

 それにできれば厚労省職員の各回数のワクチン接種比率も公表して頂きたいっ!情報公開が国民の不安を少しでも和らげることは確実ですぅ。かな?

2月2日(木)歯は健康の大本?

 もくもく雲の曇り時々もくもく雲の多い晴れ間。4.7℃~9.1℃、23%。3800歩。北西の風強く体感温度低し。一段と乾燥!

 

 予防歯科の大切さとは:

 歯科の定期検診に行く。一通り歯の状態を検査した後、歯周ポケットの清掃と歯垢除去および研磨、フッ素塗布を実施。特に悪い歯はなく、良く磨けているとのこと。ウッシッシ わだすは歯だけはよく磨くですよ。夜寝る前に約10分間せっせと磨きます。それだけで後は磨きません。一点集中主義ですね。

 でも、寝てる間に無意識に歯を噛みしめるらしくひびが入って奥歯を2本失いました。それで今はシリコンのマウスピースを嵌めて寝ます。面倒くさいけど歯を失うよりかいいんです。

 ホントは右下の奥歯にまだひびが入った歯があるんですが、これは被せものをしてまだもってます。歯と言うのは「治に居て乱を忘れず」の心掛けが大事なんすね。歯が悪くない時はまったく気にしませんが、一端虫歯や歯周病などに罹って痛み出すと、生活すべてが歯痛に振り回されます。悪くなってから歯科に行くとえらくお金もかかるし治療時間も取られます。

 その時の苦しみを忘れずに、歯が痛くなくても痛かった時を想い出して、毎日寝る前にせっせと磨くことが大切です。消化器官の入り口である歯は健康の大本です。歯が悪くなるとよく噛めないので胃も腸も悪くなり、かだら全体も悪くなって、しまいには脳までぼけてきまふよ。とか言わずもがなのことを述べました。めんごめんご。

 

 

2月1日(水)如月なり。世界の見方は人間の数だけあるですよ?

 晴れときどき曇り。-0.7℃~13.1℃、27%。3800歩。気温上るも南東風強く体感温度は低い。如月は着更着が語源だっちゅう意見もありまふ。さぶさが募るので更に重ね着する月だと。

 

 世界観とは:

 人間世界を含み、世界を一体的に意味づける見方を言ふ。例えば世界は汚濁に満ちている、と世界は清浄である、とは正反対の世界の見方である。

 衛生面で前者を捉えれば、どこ触ってもどこの空気も穢いから始終手を洗ったり、マスクを掛けたりする潔癖症になりまふ。一方、我らは土から生まれて土から生えてくるものを食べてるんだから、この世界に穢いものなんかナインだっ!という見方もありまふ。世界は綺麗なんだからこーゆー人は手も洗わないしマスクもしません。でも時々感染するというリスクは大きくなりまふ。

 これは衛生面だけではなくして、あらゆる分野に影響する両極端の考え方です。世間には悪が蔓延し、あらゆるところに不正がはびこっているという見方と、渡る世間に鬼はなし、みんな仲良く助け合いながら一生懸命生きているんだ♪と言う見方は正反対です。でも、後者はケチな詐欺師に簡単に騙されそーですね?

 騙す方がいいのか、はたまた騙される方がいいのか?これが問題だっ!もちろん騙さない方がいいし騙されない方もいい、という生き方もありまふが、人間世界はどちらかに重心が掛かってしまうものなんす。

 ま、これがいわゆる戦争と平和の問題にも大きく関わってきます。「周りの国は悪いのばっかしでいつ攻めてくるかわっかりませーん!」つうのと「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して・・・」つうのでは大きく世界観が異なります。

 世界は穢いか綺麗かっつう感性的なものが根底にありますから、なかなか正解と言うのに達することはむずかすい。無難に述べれば、「まっ、ほどほどで」という極めて歯切れの悪いのが現実なんだすぅ。ドモドモドンモ

 

 

 

1月31日(火)睦月の大晦日あるいは如月イヴ。小鳥が夢を見る頃は。

 晴れのち曇り。1.3℃~9.0℃、26%。3600歩。北西風やや強し。乾燥して火事多し。

 

 夢見る動物たち:

 動物はどこまで夢を見るのか?こりは主観の問題ですからホントのところは誰にもわっかりませーん。すかす人間が夢を見ている時の外観を観察して、夢を見ている時にかだらがどのような状態になるかを記録して、それが夢を見ている状態だと推測することができます。

 人間はレム睡眠とノンレム睡眠というのがあると言われます。レム睡眠というのは記憶を整理する睡眠で、この時に夢を見ると言われておりまふ。その特徴は激しく目が動くと。それにときどき手足などがピクっと動きます。

 それでイロエロな動物を観察すると哺乳類はほぼレム睡眠があるとゆわれてまふ。即ち夢を見ていると思われます。鳥類もよく観察するとレム睡眠があります。ただし渡りなどで長期間飛ぶときは脳の片方ずつ睡眠すると言われているから、半分だけ夢を見ているのかな?こりはイルカなどの水中で長い旅をする哺乳類でも共通の特徴です。

 ま、素直に考えるとレム睡眠と言うのは記憶に関係しているから、記憶のある動物はみんな夢を見るのではないかな?と考えられます。それで暇な虫学者がハエ取りグモを観察したんだと。これも虫が良くいる場所とあんましいない場所などの記憶が生存上大切になります、

 それで夜じっとしているときに観察したら、じっとしてるんだけど時々足がピクっと動いたり、網膜が激しく動いたりしてたんだって。それでクモも夢を見るのかな?ってな論文を書いてまふ。人類だけが特別だっちゅう思考法は西欧人の特徴でしたが、ダーウィン以来ヒトは特別ではなーいというのが学問の世界の定説ですから、虫以外でも夢を見る生物はたくさんいるのかも知れませんね?

 生物にとって記憶と言うのは生存上必須の機能ですから、それを整理する働き(夢?)も必須ということになるでしょう。植物だって季節や花を咲く時期を記憶してますからね。どーですじゃろ?