8月5日(水)ムダ毛、ムダスレ、ムダ話。

 もやもやと暑い快晴!26℃~34℃、52%。とうとう熱帯夜。

 ヨードのうがい薬でコロナが治るとかのニュースが飛び交ってますが、どーもポンピドーヨードと空目してしまいます。ポンピドーはおフランスの昔の大統領ですね。ほんとはポピドンヨードと言うんだ。口内炎のクスリにルゴールヨードというのもあるんですが、これもドゴール大統領に似てますね♪

 

 無駄の効用:

 ブロックチェーン技術を用いたビットコインなんかは、マイニング(プルーフオブワーク)という膨大な計算処理と、破るには膨大な計算を要する素数暗号なんかでセキュリティを保護しています。これらの計算が簡単にできてしまうと、システムが成り立たなくなりまふ。つう意味では、何の役に立たない計算でも、その計算量だけが膨大だと逆にそれを以って役に立つという逆説が成り立ちます。今でも世界中で無駄に電力を消費しながら膨大な計算が行われているんすよ。膨大故に無駄だけど役に立つと♪

 量子コンピュータなんかができて、膨大な計算が簡単にできるようになると、このシステムは崩壊します。技術が進歩することにより役に立たなくなるシステムって、これまた逆説ですねぇ。でも既に素数暗号ではない別のアルゴリズムが研究されちょりもすから、暗号技術ってのはどこまで行っても矛と盾の無限の争いとなるでしょう。

 セキュリティといえば、インターネットは元々オープン志向ですから、本質的にハッキングに弱いところがあります。プログラミングは工数(人の頭数)というよりか資質によるところが大きいですから、天才ハッカーが時折現れると巨大なシステムも裸同然に突破されてしまいます。今各国はサイバーセキュリティ要員の確保(天才の確保?)に奔走していますが、なにしろ人数ではなく素質ですからとても要員教育が間に合わず、サイバー傭兵の確保に必死だそうです。天才の発生頻度が同じだとすると、やはし人口の多い国が有利ですね。

 ハッカーはランサムウエア(お金要求型)で稼ぐタイプと社会正義のために情報を暴露したり破壊したりするハックテビスト(ハックとアクティビストを合わせた造語、ワーケーションと語の作り方が似てます)集団を構成するタイプがあります。前者はただの犯罪ですが、後者は正義を振り回すから内部分裂する傾向があります。ウィキリークスアノニマス以外に政府のサイバー傭兵なんかが含まれます。ま、こういうのに生き甲斐を感じているのもいるんだから、人間社会ってのはゲームみたいなもんですね。

 

8月4日(火)満月、大潮。ときおりしやわせとは。

 今日も白っぽい快晴!25℃~33℃、54%。このところ連続して真夏日です。おもてはあちゅいですぅ。東の空にでっかい満月が輝いてます。中秋の名月ももうすぐそこ♪

 

 しやわせとは:

 こりは客観的というよりも、むしろ主観的な問題です。傍目にはどんなに貧乏でも、内心が充実していれば結構しやわせです。反して、傍目ではしやわせそううでも、お金があっても、人間関係なんかで内心が荒んでいるとあんまししやわせではありません。南アのマンデラなんかは30年近く独房に入ってましたが、内心が充実してたからしやわせで、後に大統領になりまひた。

 コロナ下でテレワークが増えて在宅が幸福度に与える影響とかがイロエロと調べられてますが、人から指図されたりコントロールされたりしないで、自分の裁量で仕事ができると幸福度が増すそーです。でも、元から住み込みで色々と制約が多いのは幸福度が低いんだと。通勤時間としやわせの関係は、時間が長いほどしやわせ度が低いという相関がありそーですが、健康度や通勤手段など他の要因ともからむから、より詳細な分析が必要だす。例えば自転車通勤だと、時間が長いほど運動になってBMIが下がり、健康度が増すからしやわせ度も上がるとか。

 しやわせって物凄く多くの因子が関連してくるから、シンプルなコホート研究ではとても掴みきれんのだすぅ。でも、単純に言えば内心の問題、主観的なものですから催眠術を掛けてもしやわせになれるかも?う~む。自己催眠でもいいのかな?タハッ

 

 付記:とは言えコロナに振り回されっぱなしの日常も物悲しいから、もう少し積極的に生きて行こうと思いましたっ マル そーゆえば過ってSARSの最中に北京の中関村という繁華街で暮らしていたけど、あんましSARSのことを気にしていなかったですぅ。日本だと、みんなが騒いでるからついつい空気に乗ってしまうけど、必要な防護はして後は野となれ山となれって生き方の方が、大切な人生の一瞬を無駄に過ごさなくっていいかもしれませんね。ちょっつこころを入れ替えてみようかな♪

 

8月3日(月)主語がない文化では、空気でうごうごします。

 少し白っぽい快晴!22℃~32℃、50%。6500歩。外は暑いです。マスクが少しつらい。プチトマトを収穫。約10個。鼻が詰まって頭が痛い。でもまだ味覚と嗅覚があるから安心だっ!

 

 主語がいらない言語とは:

 中学に行って英語を習い始めると、英語では必ず主語がいることにまず驚きます。「雨が降る」It rains.とか「入ってます」Some one in.とか。広島の原爆碑文「過ちは繰り返しませぬから」にも主語がないが、公式には"For we shall not repeat the evil."となっているらしい。原文に引きずられてweってのも誰だか分からない主語ですねぇ?日本人?米国人?それとも全人類か?

 時々いい標語があるんですが、例えば「選択と集中」とか。まんべんとやるのではなく、まずターゲットを絞ってそれにリソース(人、物、金)を集中投下すると。うんうん、極めて成果が上がりそーですね。でも、これが実際には上手くいかないことが多いです。その主因は主語が無いから。誰が選択して誰が集中するのか?これを机上秀才の官僚が行うと、その結果は悲惨なものになります。現場の苦労も失敗も経験もない空論を振り回すからです。これで日本の科学技術は大きく後れを取りました。それくらいならカネは出すが口は出さない、で自由に競争させた方が、見えざる神の手によりもっと成果が上がったかも知れませんね。

 近代的な二つの価値、「自由と平等」も本当は扱いずらい概念です。特に「人間は生まれながらに平等である。格差を作ってはなりません、」というのに大方の人間は諸手を挙げて賛同します。がっ、その平等を実現するために、誰が公平な分配を行うのか?という主語を定めると、その分配役の役人が貴族になってしまうんすよ。こりが人間の性(さが)です。この公平な分配役をAIなんかに任せれば平等が実現できるかも?でもAIは論理は出来ても情がないから、時には血も涙もない決定をするかも分かりません。多分、その辺が人間には耐えられないでしょうね。

 つうことで、あらゆる美しい標語には、その隠された主語を明らかにして、実質的な解釈を行わないと極めて危ないことが多いですぅ。ジャン

 

 

8月2日(日)土用二の丑、今日もウナギを食べる日かな?

 雲の多い夏晴れ♪23℃~32℃、52%。頭痛が痛い。

 Zoomウェビナーつうんでオンラインのパネルディスカッションに参加する。日本神経科学学会主催で「30年後の脳科学と社会」つうタイトルで斯界の7人の学者、起業家がパネル発表後に総合ディスカッションなど、すべてがオンラインで行われた。30年といえば長いようで短いが、過去を思い起こせば思ったより進んでいるのと、あまり進展しなかったのが混在してます。BMI(脳機械インタフェース)や遺伝子工学は進んだ方でしょう。一方、心の問題、意識の問題、精神障害治療などはあまり進んでいないような?一時世界的に騒がれたブレインプロジェクトも最近はAIの進展に話題を奪われがちです。すかす30年もあれば、DNA解析のように思わぬところが飛躍的な発展を見せることは有りそうです。4時間もPCに張り付いてたらおつむが痛くなりました。

 

 お相撲は上位3人がもつれると思いきや、照ノ富士が御嶽海を破ってすんなり優勝!膝の怪我で序二段まで下がったのに腐らず精進してこの日の栄光を掴んだので、一同感激!親方も泣いてました。

8月1日(土)葉月。大雨時行(時々夕立がある頃)。さあ夏だっ!海山に行きたいなぁ♪

 青い空白い雲もくもくの初晴れ、夕方少し雲出る。22℃~32℃、60%。真夏日

 都新規検査陽性確認数は連日500人に迫る勢い。何とか千を超えないでがむばってほすいのだ。千を超えたら月に3万人超だから医療は崩壊します。

 おお!お相撲がおもすろくなってまいりましたあああ!

 

 役に立つとは:

 役に立つことを広く捉えれば、人のためになることなんであーる。しかし、生物としての人間にしぼれば、それは食べるものを作ったり獲ったりすることかな?もう少しそれを拡げれば食べ物を運んだり保管したり配ったりする活動も含まれます。さらに広げれば、それらの活動を管理したり仕組みを作ったり道具を作ったりするのも含まれるかもしれません。このように社会では一つの活動が連鎖的かつ有機的に組み合わされて行きますから、飲食店を閉じるだけと単純には考えられません。その先の配送とか生産者までずーっと関連してくるからです。

 一方、人間は単なる動物ではありませんから、食べるだけでは生きていけません。何か夢中になるものがないと世界がすぐに色彩を失って灰色の世界になります。でもそのために人間はどんなことにも興味を持てるように作られています。囲碁や将棋に一生を賭ける人や、魚大好きで人生を送ったり、スポーツの一分野であるボールゲームの中のベースボールという競技の中の生涯一捕手として人生を送る人もおります。路傍の雑草を研究して一生を終える人やホームレスの人を支援することに一生をかけたりもします。たまには人里離れた庵の中で雀を相手に生涯を終える人もいるかもしれません。人の生き方や生き甲斐を渉猟すれば切りがありません。

 つまり生き方というのは心の持ち方次第と言う事も出来ます。それに従って、人の役に立つということも千差万別なんすね。赤ちゃんとか老親などは、だたそこにいてくれるだけで、家族にとっては役に立っている(生きがいとなっている)ということも言えるでしょう。勿論病気の人や障害のある人も例外ではありません。だた居るだけで生きているだけで、そのまんま人の役に立っているんですぅ。

 そもそもこの世界に究極の意味なんてないんですから、せめて生きてるすべてのものと共存して今ここを心から味わえる人になりたいものです。(玉虫の「コロナ下で制限された生活に色どりを」より)

 

 

 

7月31日(金)これで生きていると言えるのか?いや言えない。

 朝一時雨のち曇りのち靄晴れ。22℃~30℃、72%。東京コロナ463人。

 もう既に市中に広まってればクラスターを叩く作戦も効果なし。何もしなけりゃどんどん増えます。対策が6日遅れるとピークが2倍になります。それどころかイケイケどんどんをやらかしたからこのままだと、あっという間にNY!国会閉じて逃げ回ってる森羅万象の長は何をしてるんすかねぇ。都医師会会長も泣いとります。

 今日は病院へ行ってMRI検査を予約。Zoom会議2本で打ち止め。スイカを今年初めて食べた。もう7月も今日で終わりです。8月に入ると何かいいことあるかしら?さ、風呂入って寝よ。

7月30日(木)何もやらんじん。なにむしーない√7

 薄曇りときどき薄晴れ。20℃~26.5℃、74%。7月でちゃんと晴れたのは1日だけだったんだって。こりゃ傘屋はうはうは、野菜は高騰でやんすね。ゾワゾワ

 

 不作為の作為とは:

 作為的に何もやらないことを指す。意図せず、または忘れていて何かをやらないことではない。わざとなにもしないことを言ふ。コロナ禍における政府の行動がこれに当たるかどーか?しかし言葉上は「そのご指摘はまったく当たらない」と返されてしまえばそれまでである。

 コロナクラスターや感染拡大地域のpcr検査が未だに滞っているのは、保健所等の検査実施基準が依然とまったく変わっていないからでしょう。ここにも「まあ、少しくらい検査が滞っても仕方がない」という未必の故意があると言ってもいいでしょう。あるいは積極的に知らんぷりして、集団感染させて集団免疫獲得を目指しているのかな?

 GoToキャンペーンなんかを見ていると、わざと感染を拡げて来年の夏までに集団免疫獲得を目指しているようにも見えてしまいます。その間、老人が10万人以上亡くなっても却って社会にとっては安楽死とか維新なら言いそうですね。その伝で言えば、一番役に立たないのはアベノマスクを発注し続けている政府ではないのかしら?

 今必要なのは医療関係者への支援と医療設備の充実、コロナで困ってる人への直接支援ではないでしょうか?いったい予備費の10兆円はいつどこで使うのでしょうか?まさかまたお友達業界へのナカヌキ支援じゃないですよね。ちょっとシムパイ。

 昔は「そこに財源はあるんか?」とか政府を責めてた自民、マスコミはすっかりだんまりんこです。元々税金と未来からの借金しかないんやから、税金が萎んでる今日の情勢からは未来からの借金(国債等)しか無かんべえ。今ここ現在から見れば、これは無尽蔵にも思えるが、ホントはタコが自分の足を食うようなものだす。・・・

 「な~に、その内に超インフレが起こって借金など全部チャラさ」とか開き直る者がでるほど、すでにモラルハザードは進んでおります。国衰えるときは、まずモラルから崩れだすと。アヤヤ