4月23日(火)高齢化社会の象徴は救急車のドップラー効果かな?

玉虫備忘録:

 概ね晴れ、朝晩雲多し。15℃~23℃、47%。花粉少ない。ホムホム 公園の花壇で、多数写真を撮る。ついでにハーブを少し失敬する。ども。

 

 

技術雑感:

 ときおり世の技術界をのぞき見するに、大発明は少なかれど着実に進歩している分野はありまふ。光技術がこのところ思わぬ展開を見せております。レーザー光という一定波長で極めて高エネルギーな光の応用は、プリンタや材料切断、手術のメス、光通信などイロエロな分野で利用されています。レーザーは物を熱するというイメージがありますが、レーザー光で原子を絶対零度に近い超低温まで冷却するという技術が開発されました。

 気体状の原子は温度が高いと、あらゆる方向に高速で動いています。この動きが遅くなると温度も下がるというのが熱力学の知見です。すなわち、この運動が止まってしまえば絶対零度になります。では気体原子群にどーやってブレーキを掛けるのか?そこでレーザー光の出番です。原子にはそれに特有の波長の光を吸収してブレーキが掛かるという性質があります。だからその周波数のレーザー光を当てると、原子の動きにブレーキが掛かります。でも原子はあらゆる方向に動いてますから、たまたまレーザー光に対向する原子だけは減速しますが、他の方向に飛んでる原子は減速しません。

 ここでブレークスルーを齎したのが、進行波に特有のドップラー効果です。例えば音波だと、発生源が近づいてくると高音(短波長)になり、遠ざかると低音(長波長)になります。レーザー光を原子の固有ブレーキ周波数より少し低く設定しておくと、ドップラー効果で向かってくる原子だけが減速されるようになります。こうやって6方向からブレーキを掛けると、原子群にどんどんブレーキが掛かって、最後には絶対零度に限りなく接近して行きます。

 で、そんなものを作って何になるのん?という疑問も湧きますが、これが今流行のけた違いに高速な量子コンピュータに応用できるんすよ。現状は大きな設備で液体窒素などを使って低温にした量子状態を利用してますが、レーザーを使えばもっと簡単に極低温を達成できます。量子シミュレーション以外にも、超電導や物性物理、宇宙工学など応用分野は多岐に渡っておりまふよ。

 そー言えば宇宙は膨張しているという説の証拠とされている「赤方偏移」もドップラー効果だったです。光は電磁波の一部ですが、音波や超音波など、波としての性質にはイロエロとおもすろい応用があるもんですねィ。ダハッ

4月22日(月)アースデイ

玉虫備忘録:

 かすみ晴れ。14℃~26℃、48%。東京も夏日。花粉やや多い。昼は半袖でもよかとよ。

 お台場方面に進出す。海浜公園では子供たちが水際で遊んでます。でも、水質は少し問題です。ここも海外から来た観光客多し。自由の女神からダイバーシティに足を伸ばす。新しいガンダムの周りも観光客でいっぱい!フードコートを眺むれば、何やら人だかりがしている一角に、日本橋の名店@金子半之助があった。天丼ランチの老舗にて、上天丼を頼むとこれがエビ二匹、キス、イカ、柱など海鮮天ぷらが盛りだくさんで1000円という安さです♪プロムナードのパンジー花壇(50種もある)を愛でつつ、ヴィーナスフォートに向かう。入り口付近に昭和60年代の街角を模したガレージがあり、昔の名車やミニカーなどが展示されている。なんか昭和の街に戻ったようで、懐かしさが湧きいずる。Mega-WEBがスポンサーです。ブロードアヴェニューを歩くと、前に来た時からけっこうお店が入れ替わっていて、とても楽しめました。今度来るときは観覧車に乗ってみよう♪ジャン

 

アースデイとは:

 1970年にアメリカで提唱されたものが、国連を介して全世界に広まった記念日です。

 地球について考え、行動しよう!ってな日なんすね。特に環境問題について身近なことから始めよー!てなもんや。使い捨てぢゃなくって、できるだけリユーズしようとか、エネルギーを節約とか、山川森海のごみを少なくしようとか、なんでもいいんすね。でも全ての始まりは、何はともあれまず地球に関心を持とう!関心を持てば、すべてはその後についてくると。ぼくは都会の河川を綺麗にしたいなぁ。どぶ川になったり暗渠になってるのが多いけど、春の小川にメダカが泳いでいたり、トンボが飛んでる街にしたいですぅ。今の浄化技術があれば、政策次第では可能だと思うんだっ!

 

 

4月21日(日)葭始生(よしはじめてしょうず)。一寸の虫にも五分の魂。

玉虫備忘録:

 薄雲の多い晴れ。12℃~23℃、44%。花粉やや多い。冬ものをまとめて洗濯に出した。10月末までさようなら。

 

 

連続性仮説:

 こりは人間とあらゆる生物は心が繋がっているという玉虫仮説です。似ているのに「連続体仮説」というのがあって、こっちは無限濃度の話しですぅ。

 西洋では「神がアダムを(神に似せて)粘土から造られた。そのアダムの肋骨からイブが造られた。」つう聖書を信じてる人が多いです。つまり、あらゆる生物から人間は断絶していて、しかも特権的に造られてるって話です。こりが動物差別、女性差別の大本なんすね。

 すかす、進化論をはじめとする現代科学から見ると、生物の基本(DNA,RNA、タンパク質など)は全く同じで、突然人間が出来たわけではなーい!としています。。。。「でも、精神とか魂ってのは別だよね?こりは人間にしかないものだ!」と思てる人も未だに大勢おりまふ。レベルの変わった神話と同じ偏見に満ちていると思いませんか?「生命が連続なら、心だって連続のはずだっ!」と言う方が自然ですよね?

 同類の哺乳類のみならず、爬虫類や両生類、いやお魚にだって心はあるんだい。つうことで、魚の生態を1日中眺めていると、彼らの生活には喜びや悲しみ、楽しさや苦しみなど日々の心の生活があることが分かります。もちろん先を予想して的確に自分の行動を律することもできます。これをしないと、食べられなかったり、食べられたりして、すぐに氏んじゃいますから。遊びもするし、綺麗な異性に見とれたり、追いかけたりもします。

 つうことで、もう少したおやかな目で、生物界全体を見渡せば、この世界はもっともっと豊かなものに変貌するのではないでしょうか♪さて、連休中には水族園に行ってこよっと♪どもども。

4月20日(土)穀雨(穀物の成長を助ける雨の季節)、AIと人間と社会。

玉虫備忘録:

 高空に薄い雲が懸かる白っぽい快晴!10℃~19℃、46%。花粉は少ないと人は言へり。でも目がかゆい?好天につられて和光市方面に進出す。郊外は緑萌いずる春爛漫なり。

 

人工知能(AI)とは:

 「AIと人間」つうシンポジウムに参加する。主なイッシューは、1.AIは人間を超えるのか?、2.AIは社会を変えるのか?、3.AIは人間を変える(替える?)のか?つうようなものだす。

 1.に関しては色々と見解が分かれます。・現在の技術の延長では人間を超えれないだらう、つう楽観的なものから、・50年、100年を経て突然変異すれば人間を超えれる可能性はある、つう「わっかんな~い」派や、・いやいやこの調子で速度と容量が増大すれば、必ず化けて特異点を超えるだろう、つう悲観論もありまひた。

 もちろん特定の分野(推論、検索、学習、などなど)では、既に人間を超えているのが出現しています。こりは人が走るスピードや持久力が、自動車に敵わないのと同じです。

 2.に関しては、これはもうAIの影響で既に社会が変わり始めてますから、今さら言うことはなーい!これからも人間の仕事がどんどんAIで取って変わられます。問題は、その状況に適応した社会システムを作れるかですね。でも、技術が当初の意図どーりに社会で使用されるのか?ちゅうと、これは疑問です。電話機は当初は一方向通信で企図されたが、今の主流は双方向です。逆に、ラジオ放送は、当初は双方向で企図されたが、今ではほぼ1方向になりました。つうように、発明者の思いと正反対で使われることは良く起こりまふ。

 3.に関しては、これは大いにあり得るでしょう。技術と人間はお互いに相互作用しながら進展していきますから、新しい技術が出てきたら、人間が変わらないわけがありません。既にTV,ラジオなどのブロードキャストやインターネットによって、人間の生き方や考え方、生活習慣は、それ以前に較べれば、物凄く変質していますから。

 AIと人間の大きな違いは、身体性による縛りが知性に影響を与えるや否やつうとこかな?あと、感覚質(クオリア?)とか情緒とかいうふわふわしたものが、AIに組み込めるや否や?矛盾をそのまま飲み込んで不条理な世界を生きて行くことが、果たしてAIにでけるのかっ!とか、人間の人間たる核心部分が果たしてAIに実装できるのか?AIがとても届きそうもない部分がかなーり後まで残るでしょう。

 興味深いことに、AIの開発・実装の過程で、人間そのものの理解が進むこともあり得ます。「分かる」とは何か?「知る」とは何か?「考える」とは何か?「学ぶ」とはどーゆーことか?などなど、ごく当たり前の精神機能が問い直され、深く見直される契機になりました。

 そもそもコンピュータ自体も、人間が「計算する」とはどーゆーことなのか?を深く問い直し、計算要素に分解し、それを再構成して発明されたものです。そもそも今のAIも、人間が学ぶとはどーゆーことなのか?を深く問い直し、それをアルゴリズムに結実させた成果です。

 そーゆー点から眺めれば、まだまだ突き詰められていない精神機能はたくさんありそーですね?取りあえず、「考える」とは何か?を突き詰めると、たくさんの展開がありそうでやんす。・・・でも、あんまし突き詰め過ぎると、それは技術から哲学に変わっちまうから注意の事よ!ジャン

 

 

4月19日(金)満月の夜に、平成最後の最後っ屁を想う。

玉虫備忘録:

 晴れのち曇り、夜ぽつぽつ。15℃~24℃、49%。花粉非常に多い。新緑の美しい季節なり♪

 久しぶりに葛西方面に進出す。シェアカーを駆って、スーパー銭湯「湯処葛西」まで行ってきた。江戸川べりにあって、料金も600円と格安ですぅ♪露天から室内まで10種類の湯を完全制覇す!一応ラジウム温泉や和倉の湯もあるんです(成分を真似て作ったヴァーチャルですが)。付属する理髪店で髪も整えてきた。ホカホカ

 

 

狭量とは:

 「一つの考えにとらわれ、異なる考えを受け入れられないこと。」と辞書にはある。すかす、こりは誰にもあることで本性として、人は一つの考え方に捉われやすいんですぅ。問題はこの「一つの考え・・・」つうのが、極めて狭いときにおこります。一つの考えというのが広々としているときには、あんまし問題が起きませんですぅ。はい。

 考えの前提の狭さや、そこからの展開の狭さ、はたまた時間的な狭さ(目先の事しか考えない?)などイロエロとあります。

 例えば、現今の経済政策などは目先のことしか考えてないから、極めて狭量と言えるです。実際は、企業の業績や将来性などを市場が判断して決めるべき株価も、企業同士の持ち合いで市場からズレ、さらに年金資金をつぎ込んで市場からズレ、日銀が上場株を買って更に市場からズレズレで、今ではすっかり官製相場になってしもたと。こりは、目先の株価維持には効力を発揮しますが、市場の調整機能を奪って、しかも官製は足抜きもできないという泥沼なんすね。中長期的な視点が皆無と言えるでしょう!

 嗚呼、アベノミクスよ、どないしてくれはりまんねん!前のバブルが崩壊してから30年も低迷してるんでっせ!今回の官製バブルが破裂したら50年は立ち上がれんかもしれんですぅ。ショボーン

 ま、唯一の逃げ道は、このまま買い増しもせず、売りもせず、バブル崩壊を少しでも先延ばしするっつう、とても情けない対応しか、後継政権は取れないんじゃあああ!ドアフォ

 

備考)日銀の総株式投資は28兆円、今後6兆円/年の状態が続くと来年11末には40兆円を超え、年金基金株式投資額36兆円を超えちまいます。そいで日銀は50%を超える上場企業の、大株主になっちまうんですぅ。こりはまさにはっきりと申し上げて、自由市場主義から国営企業に移行する途上ではアルマイト

 

 

.

 

4月18日(木)良い歯の日なんだってさ。

玉虫備忘録:

 薄雲の掛かる晴れ。13℃~23℃、33%。花粉多い。

 最近の歯磨き常識;歯を磨いた後はあんまし漱がない、磨きすぎるとエナメル質が減る、歯ブラシはせかせかと細かく動かす、奥歯を磨くときは肘を前に突き出す、歯は夜磨く、などなど。

 

内と外:

 内と外がなぜできるのかっちゅうと、境界があるから。膜ができたのが生命の始まりだ、とする人もいます。代謝とか自己保存とか自己複製とかは、すべその後の話なんす。膜が無ければ、自己も環境もないからね。

 人間精神で考えれば、その在り方は、内心に没入と外界の俯瞰に分かれます。社会で言えば、現場主義と机上の空論になりますかねぇ。それぞれ長短はありますが、双方を貶し合っても詮無きこと。没入しなければ感じ取れないこともあるし、少し離れて冷静に見なければ気が付かないこともあります。

 ですから、如何に双方の立ち位置を、俊敏に移動できるかが極めて大切なんすね。仮に心の中だけの移動だとしても。フローとメタの間の振動でこそ、見えてくるものがあると。今日もMOTにゆってきたけど、あんましときめかなくなったわだすでしたあああ!ちっくっしょー!(小梅太夫風)

 

 でもね、脳出血に罹った脳科学者@ジルベルトテイラーさんの体験によれば、しむ前には精神の膜が取り払われて、心は世界に流れ出すそーですから、自我の膜は生きてる限りの話しかもしんない。ども。

 

4月17日(水)ノートルダム寺院が焼け落ちて、驚いただっ!

玉虫備忘録:

 概ね曇り。11℃~19.5℃、50%。花粉非常に多い。ちょっつ油断してたら、また眼の痒さと鼻水、喉のひりひりが復活す。やはしヒノキもだめだったんだぁ!ザンネン

 

裏腹シリーズ:古いものは長持ちし、新しいものはすぐだめになる。

 木で造られた法隆寺なんかは1400年以上ももつのに、鉄筋コンクリートのビルなんかは意外と寿命が短いですぅ。建物は毀すことも考えて造らねばなりません。大量生産大量消費の現代社会では、その廃棄方法まで考えて生産しないと、大変なことになりまふYO-!特に自然分解しないプラスチックや毒物の扱いなど。

 芸術作品でも、古くからある油絵などは、比較的にその修復などに困難さはありません。すかす、現代のメディア・アート、ディジタル・アートなどは注意しないといけまへん。例えば宮島達男さんのディジタル・カウンターを使った作品などは、そのLEDカウンターが製造中止になった後は、保守部品の存在期限でアート生命が切られてしまいまふ。

 最新技術って、意外と寿命が短いものなんすね。ブラウン管なんて、もうほとんど作っていないっしょ?8mmビデオとかVHSとかで、思い出を記録した人も今では困ってますよっと!新しいものはもろく、古いものはしぶとい、の逆理なーり!ども。

 

雑感:

 聖母マリアはいても、聖父はいないジェンダー・ギャップとは?ん?あんまし有名ぢゃないけど、聖ヨセフはいたっけ?処女伝説によって、夫が煙たがられてた伝統。どもども。